規模による違い

聴診器を持っている男性

大手予備校の強い武器といえばやはりその圧倒的な生徒数と経営力の大きさでしょう。
全国のあらゆるところに予備校を設置し、どの地域の受験生も通えるようにしているのです。
最近では授業の様子を映像配信することで、予備校が近くにない受験生でも同じ質の授業を自宅で受けられるようにしています。
また、膨大な数の生徒数を抱えることから、常に全体の成績を把握し、順位を導きだすことができるのです。
これによって受験生は自分が今どのラインにいるのかを常に把握すると同時に、競争心に火がつき、より一層勉学に励むことができるのです。
しかし、これほどまでに生徒数を抱えることから生じる問題もあります。
それが1人1人に対する手厚いケアがなかなか難しいことです。
医学部合格のための勉強というのは非常にレベルが高く、少しでも遅れてしまうとその差を埋めるには相当苦労するかと思います。
しかし、生徒数が多いことで1人1人の状況を細かく把握することが困難なのです。

一方で専門予備校の場合、少人数制をとっていることがほとんどです。
大手ほどの人数を抱えるわけではないにしても、周囲にも同じ目標に向かって進む仲間がいるため、充分に競争心を煽ることができるのです。
また、少人数制であることから、各生徒が行き詰っている部分を把握しやすく、1人1人に個別に解決法であったりアドバイスを丁寧におこなうことができるのです。
専門予備校なら、取り残されることなく医学部合格に向けた勉強を進めることができるのです。

 
© Copyright 2016 医学部専門予備校に通って現役合格を掴み取ろう All Rights Reserved | Website Template By luiszuno modified by OS Templates